LANDISKからの特急データ復旧|株式会社リプラス 特急データ復旧ウィンゲット

データ復旧とは、LANDISKが起動できない・エラーランプが点滅する・アクセスできないなどの故障してしまった状態から、ハードディスク内に保存されていたデータを取り出し、新しい別のハードディスクにデータを納品してお渡しするサービスのことを言います。

修理LANDISKをまた使える状態に直すことであり、メーカーなどに修理を依頼されると、中のデータまでは保証されず、初期化してLANDISKが使えるように直す場合もあります。


そのため、「必要なデータがLANDISK内に残ったまま」「バックアップが取れていない」等の場合は、データ復旧を行ってから修理を依頼されることをお勧めします。

データ復旧の受付は、全国47都道府県各地にある受付窓口にて対応できます。
店舗によってはその場での無料診断も可能です。店舗への持込が難しい地域の方々には、ご郵送での受付も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。


「機密情報なので、社外に持っていくことができない」「とにかく急いでいるので緊急で対応してほしい」「持ち出しができないパソコンなので、現地で対応してほしい」というお客様におすすめなのが【出張サービス】です。
お客様の元へ、当社技術スタッフが伺い、現地でデータ復旧を行います。


「明日までにデータが必要!」「朝までに必要な書類を復旧してほしい」等のお客様のご希望に応えるために、即日対応や夜間緊急対応も可能です。必要なデータ量や機器の障害状況などの様々な要素によって復旧の作業時間は変わりますが、お客様のご希望に沿えるよう尽力いたします。


データ復旧専門の会社ですので、セキュリティ強化のために暗号化をかけていたハードディスクや、ハードディスク自体が物理的に故障している重度障害の場合も、データ復旧の対応が可能です。


当社ではお客様のデータを取り扱うため、プライバシーマークの取得やISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得しております。
お客様からお預かりしたハードディスクは、出入り口に暗証ロックキーを備えた厳重な部屋に保管する等、常に細心の注意を払って作業を行っております。


当社では官公庁様をはじめ、多くの法人・個人様とのお取り引き実績がございます。
お客様にご満足いただけるよう、一人一人のご事情や状況に寄り添ったサービスを提供していますので、様々な業種のみなさまにお選びいただいております。
詳細は熊本データ復旧公式サイトよりご確認ください。 熊本データ復旧公式サイトはこちら

フリーダイヤル(0120-703-845)もしくは当ページ下部にあるお問い合わせフォームからお申し込みください。スタッフがお客様にあった受付方法をご案内いたします。

お近くの店舗へお持ち込み、もしくは郵送で機器を送ってください。(郵送の際の送料は弊社負担となります)
出張の場合は弊社スタッフがお客様の元へ伺って、現地にて診断を行います。
持ち込み・ご郵送・出張の際には下記【無料診断申込書】が必要になりますので、ダウンロードをしてご記入ください。

データ復旧が可能かどうか診断を行います。診断はおよそ60分の予定ですが、内容によっては時間がかかる場合もございますので、ご了承ください。診断が終わり次第、お客様に結果をご報告し、お見積もりやデータ復旧にかかる時間などをお伝えいたします。

データ復旧の成功時に、お支払いいただきます。お支払い方法はクレジット決済もしくは銀行振込での対応が可能です。復旧不可の場合、無料となります。

復旧したデータは新しい別媒体(DVD・ハードディスクなど)に入れて、お客様にご納品いたします。

エラー音がしてアクセスできなくなったLANDISK空のデータ復旧成功!

熊本県荒尾市・法人様(製造業)

IODATA LANDISK
HDL2-A2.0
1TB×2台構成 RAID1


お客様からの症状

突然エラー表示が出て、編集していたデータにアクセスできなくなった。ランプが赤くなっていたので、詳しい部署の人に来てもらって再起動をしてもらったが改善されなかった。RAID1対応と書いてあったので1つのハードディスクを取り出して見てもらったが、うまく見ることができなかった。ほとんどの部署がデータを保存していたので、どのデータが重要かわからないが聞いているより早くデータを復旧してほしい。

スタッフからのコメント

最初はRAID1構成と聞いていたので、2台のうち片方のハードディスクを診断しましたが、うまくデータが出てこないため、別のハードディスクをチェックしました。しかし、どちらのハードディスクもデータが出てこないため、データの保存領域に異常があると思い解析作業を行いました。その結果、保存領域にも異常がありませんでした。ただ、RAID1構成の保存形式ではないため、RAID0の可能性があると判断しました。 RAID0用のツールを用いて、復旧を試みたところデータフォルダの構造が見えました。お客様にご確認頂き、正式にデータを取得した後ご納品致しました。

エラーランプが点灯して、データにアクセス出来なくなった状態からのデータ復旧成功!!

熊本県阿蘇市・法人様(製造業)

IODATA LANDISK
HDL-GTR2.0
500GB 4台構成 RAID5


お客様からの症状

社内でファイルの保存先として使用していたLANDISKに急にアクセス出来なくなってしまった。本体を調べにいったところ、エラーランプが点灯している状態だった。社内の詳しいものやメーカーに確認をしたところ、どうもRAIDの情報が崩れている様子であるといわれたので、これはまずいと思い、データ復旧の専門業者をインターネットで検索しました。持ち出すことが難しかったので、その場で対応してくれる業者さんを探していたところ、ウィンゲットさんを見つけました。とにかく中のデータを復旧して欲しい。

スタッフからのコメント

今回のご依頼は、機器の持ち出しができないということで、熊本県阿蘇市の現地でデータ復旧をご希望とされておりました。現地に到着し、診断を行ったところ、ハードディスクに異常が見られなかったので、弊社の専用機材で再度RAID構築を行い、データ復旧を成功させることができました。
また、現地での診断から約1時間弱でデータ復旧の見込みを立てることができたため、お客様も大変安心されていました。 今回の決めてとしては、その場で復旧してもらえることと、全国展開されているので、初めてでも任せて大丈夫だと思ったというお言葉をいただきました。

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼内容
(障害機器の状況・復旧が必要なデータの内容や量・データが欲しい納期などをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください

社名

株式会社 リプラス

所在地 <東京本社オフィス>
東京都千代田区神田須田町2-7-3 VORT秋葉原ビル5F
<名古屋本社オフィス>
愛知県名古屋市中村区名駅2-38-2 オーキッドビル5階
<大阪オフィス>
大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル 7F
<札幌オフィス>
北海道札幌市中央区南一条西10-4-167 小六第一ビル6F
<横浜オフィス>
神奈川県横浜市中区扇町1-1-25 キンガビル3F
<福岡オフィス>
福岡県福岡市博多区博多駅南1-3-6 第3博多偕成ビル11階
創業 1999年
設立 2003年7月29日
資本金 1,000万円
従業員 50名
3つのNo.1
拠点数
公式サイト
関連サイト